みゆき野球教室

ダメ人間の由佳さんが毎日0時に更新しています

鉄砲犬

犬が嫌いだ。子供の頃、2回噛まれたことがある。今では信じられないが、昔は野良犬がたくさんいた。夏にバンコクに行った時、街中には野良犬がたくさんいて怖かった。
犬そのものも嫌いだが、一番嫌いなのは犬を飼っている人だ。全員では無いが、傲慢な人が多すぎる。犬を散歩させている人でマナーを守らない人が多い。
 
私の以前の雇い主も犬を飼っていた。会社内で大型犬を放し飼いにしていた。犬が怖い顧客が来ても対策をしない。その雇い主は、犬を従わせるために、言うことを聞かない時は革靴のつま先で蹴りを入れていた。犬は痛いのが嫌だから従順になる。これは従業員にも行われていた。暴力こそなかったが、地位を利用した暴力や言葉の暴力で従業員を支配した。その結果、うつ病になる従業員が続出した。
 
このように、犬を飼っている人にはいい思い出が無い。
 
田宮二郎主演の犬シリーズは私が生まれた年から公開された。
田宮は、おかしな大阪弁を喋るガンマニアの鴨井大介を演じた。鴨井はピストルを不法所持していて、彼のガンさばきは軽快で百発百中。物語のクライマックスでは悪人を追い詰めて、自慢のピストルで制裁するが、決して命を狙うことはなかった。
鴨井を追い続ける大阪府警の刑事、ショボクレこと木村刑事には天知茂が配役された。
鴨井とショボクレの関係は、後年の「ルパン三世」のルパンと銭形警部の関係のようで面白い。
 
田宮はその後大映を解雇され、映画界を追放される。そして活躍の場をテレビドラマやテレビの司会者に求めていく。TBSの「白い滑走路」「白い巨塔」「高原へいらっしゃい」といったヒット作を連発し、「クイズタイムショック」では知的で都会的な司会でお茶の間を魅了した。私も子供の頃から田宮のファンだった。
しかし、そんな彼もうつ病を患い、43歳の若さで生命を絶った。
 

広告を非表示にする