読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゆき野球教室

ダメ人間の由佳さんが毎日0時に更新しています

【最終回】グリース2 GREASE 2

病気がちで休載も多くなった。このあたりで一旦このブログを終了しようと思う。
 第一回目に取り上げた作品は「グリース」だった。最終回は「グリース2」を取り上げる。
 
1961年。夏休みが終わりライデル高校の新学期が始まった。
ダニー(ジョン・トラボルタ)やサンディ(オリビア・ニュートン・ジョン)は卒業して、主人公たちのグループは最上級生になった。
彼らはバイクにボウリング、そしてデートに明け暮れていた。そんな時、学校主催のタレントコンクールが行われることに。優勝すればLPレコード100枚がもらえる。不良グループのTバード達も100枚のレコードのために歌の練習をする。
 
このライデル高校にマイケル(マックスウェル・コールフィールド)という転校生がやってくる。彼は不良グループの取り巻きのステファニー(ミシェル・ファイファー)に一目惚れをする。しかし、彼女を落とすにはバイクが無いと話にならない。マイケルは宿題の代行をやりバイクを手に入れるが、彼の恋は成就するのだろうか?
 
前作に比べて、耳に残る音楽が少ないのが残念。ただ、劇中でステファニーたちが歌う「Girl For All Seasons」は美しい歌で初めて聴いた時にときめきを感じた。
 

 

私はこの映画をデートで観た。残念ながらその恋は実らなかった。
 
映画が終わり、クレジットが流れるところでは、モノクロの写真で楽しかった高校生活が回想される。その演出はまるでドキュメンタリーを観ているようであった。
 
実際の彼らはライデル高校を卒業した後、どうなったんだろう? 頭のいい生徒は少なかったので、就職した者が多かったかも知れない。あるいは、兵役につき除隊すると奨学金を得て大学へ行ける制度を利用するために兵士になった者もいたかも知れない。彼らは、ベトナムで生命を落とすか、ココロにも身体にも深い傷を負って祖国に戻って来たかも知れない。
 
このような学園ドラマを観ると、18歳で大学に行きたかったと強く思う。
私は映画監督になりたかったが、どうやらなれそうにないので、堅気の仕事に就こうとした。その仕事は、大学を出ないと就くことが難しい。担任教師と母親との三者面談でもそれを訴えて進学をしたいと言ったが、そうさせてもらえなかった。
 
母は言った。「これからは学歴は関係ない。むしろ、資格だ」。しかし、その資格も大卒以上でないと取れないものが多かったり、学部や修士レベルの知識が求められるものばかりだった。そもそも、一番大切な資格は、大卒資格だった。
 
私は、高卒で社会に出て辛酸を舐める。そして、なんとか人生逆転を目指して38歳で大学に入り経営学を学び、42歳で学士の学位を得た。MBAも目指したが、カネと学力がなく断念した。もし、18歳で大学に入っていれば、心を病むことはなかっただろう。
 
さて、300本以上の駄文を書いてきた。その中で、ほんの数本だが自分でも納得できる作品が書けたと思っている。
毎日書くことは喜びであった。これも、たくさんの読者の皆様のご愛読のおかげだ。
まだ書き足りないところもあるが、これはまた時間をおいて、別の場所で夢を叶えたい。
 
このブログを始めて、再び映画を観る習慣を取り戻した。明日からはもう書くことはないが、映画は観続けていくつもりだ。そしてもし夢が叶えば、もう1本でいい、自分の作品と言える映画を撮りたい。
 
約1年間のご愛読に感謝し、皆様のご多幸を祈念して本稿の結びとする。