読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゆき野球教室

ダメ人間の由佳さんが毎日0時に更新しています

ジーザス・クライスト・スーパースター Jesus Christ Superstar

今年も半分終わろうとしている。
失意のうちに新年を迎えた。年越しの瞬間は、教会にいた。外国人向けのミサに出席した。陽気な司祭の新年の挨拶でミサが始まった。1時間後、南半球にある彼の祖国の年明け。再び新年の挨拶をみんなで交わす。
 
絶望しかなかった。なんとか気持ちを立て直し、目標を立てた。映画館で50本の映画を観る。だが、まだ8本で未達。
失意は、今でも解消されないまま。生きていてごめんなさいという状態だ。
 
今年はあまり教会に行けていない。教会に行くというのは、心身ともに元気でないといけない。「元気な人お断り」と言った司祭がいたが、病んでいると教会は遠い。
 
日本ではテレビジョンやインターネットでのミサや礼拝がほとんど行われていない。もっとこれをやってくれれば、救われる人はたくさんいる。
しかし、敬虔な信者と称する人の中には「ネット礼拝は邪道。どんな事情があっても正装して時間通りに教会に行き、祈りを捧げるべき」という人が少なからずいる。なんたる驕り。日本でも世界でも、事情があって教会に行けない人は山ほどいる。入院している人、施設で暮らしている人、避難所にいる人、そして近くに教会が無い人もいる。特にアメリカやオーストラリアではクルマで1日以上走らないと教会が無い場所はたくさんある。
 
キリスト教の本質は、教会に行くことでも祈ることでも献金することでも無い。ただ一つ、イエスが救い主であると信じることだけだ。ついでに言うと、洗礼も関係無い。洗礼を受けていなくても、イエスが救い主であると信じれば、それでいい。それ以上求める教会・教団はカルトだ。
 
ジーザス・クライスト・スーパースター」は、イエスの最後の7日間を描いたロックオペラ。この作品は、保守的なキリスト教関連の団体から上映禁止の圧力がかかったり、信者に対して鑑賞禁止の命令が出るほど物議を醸した。
私は、高校生の時に観たが、やはり教会からは観に行ってはならないときつく言われた。まだ、カトリックの一員になる前だ。
聖書に忠実ではないかもしれない。でも、考えさせられる1本だ。