読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゆき野球教室

ダメ人間の由佳さんが毎日0時に更新しています

喜劇 とんかつ一代

中国飯店という中華屋がかつてあった。最初は、アメリカ人の友達に連れて行ってもらった。大食漢の彼らの胃袋を満たすだけの大盛り。チャーハンや麻婆丼が500円だった。500円硬貨が発行された年で、まだ珍しかった500円硬貨をお釣りで出してくれた。

 
それ以降、一人でも何度か通った。
この店の特徴は、先に述べた通り量が多い。その上、サービスライスと称する白飯が茶碗で出てくる。もちろん、チャーハンなどの米飯を注文してもだ。そして、早い。特にランチタイムは注文して1分以内に出てくる。
 
味はそれほど美味しくはなかった。私の友人の舌の肥えた人はまずいと言っていた。しかし、ビンボー舌の私には最高にご馳走だった。
 
最後に食べたのはカレーチャーハン。私の大好物だ。
 
f:id:yukasan1964:20160421175653j:image
 

しかし、時代の流れに勝てなかったのか、惜しまれつつ閉店してしまった。

中国飯店ばかりではない。かつてよく行った思い出の店がどんどん無くなって、個性のある個人店や小規模店舗は少なくなった。
 
そんな中で、とんかつ屋の「とんき」ががんばっている。この店は目黒の老舗で、古い目黒駅の写真にも写っている。私は自由が丘店で初めてとんきの味に接して以来のファンだ。残念なことに、自由が丘店は閉店したが、目黒の店は今でも大繁盛している。
 

f:id:yukasan1964:20160422181020j:plain

 
映画界でとんかつ好きといえば、川島雄三だろう。彼が演出した「喜劇 とんかつ一代」には森繁久彌の他、私が大好きなフランキー堺山茶花究、そして乗馬クラブで孫のお世話をしたことのある加東大介が出ている。
 
川島雄三も早く逝きすぎた。大好きな人も、大好きな店同様いなくなった。
 
広告を非表示にする