みゆき野球教室

ダメ人間の由佳さんが毎日0時に更新しています

タンポポ

オムライスが好きだ。
 
この食べ物は子供が好きなものとして知られるが、私が好きになったのは大人になってからだ。
子供の頃は、むしろチキンライスの方をよく食べた。チキンライスといっても、ビンボーだったので鶏肉ではなく、安物のプレスハムを入れていた。それでも、母は料理が上手だったので、美味しかった。
 
大人になってからは、オムライスもチキンライスもあまり食べる機会がなかった。
そんなある時、仕事で行った街でたまたま食べたオムライスがとても美味しくて、以来ハマった。
それはどの街にもあるような平凡な中華料理店。高級店ではない。地元の人しか来ないような店だった。
中華料理店でオムライスというのも変だが、何か予感があり、オムライスを注文した。美味しかった。以来、電車に乗ってその店でオムライスを食べるようになった。
南関東で一番美味しいオムライスだと思っている。
 

f:id:yukasan1964:20160210193549j:plain

 
川崎市中原区にある「新華」という店だ。店主とその妻、そして息子だけでやっている。
 

f:id:yukasan1964:20160210193407j:plain

 
カウンターに座り、店主が鍋を振るのを見るのが好きだ。鍛え上げられた技術で、どの店にも負けないオムライスを作る。
 
この「新華」が南関東で一番だとすれば、二番目は板橋区大山にある「高社郷」だ。この店も地元の人にはお馴染みの中華料理店だ。ここも、導かれるように行き、金脈を探し当てた。
前述の新華は、具には豚肉を使っているが、高社郷は鶏肉を使っている。
 

f:id:yukasan1964:20160210193646j:plain

 

f:id:yukasan1964:20160210193741j:plain

 
この2店以外にもたくさんの店でオムライスを食べているが、この二つの店には遠く及ばない。
 
伊丹十三の「タンポポ」にもオムライスが出てくる。伊丹は食通としても知られる。
この半熟卵をチキンライスの上に置いて、包丁で切れ目を入れてトロトロのたまごがチキンライスを覆い、ドミグラスソースをかけて食べるのは、伊丹が発案して日本橋たいめいけんが商品にしたとされている。
でも、私のビンボー舌にはこの料理は受け入れない。昔ながらの薄焼きのたまごで巻くスタイルのオムライスが好きだ。
 
そういえば、パートでたいめいけんの三代目がやっている店で働いたことがある。そこで、若いコックさんがフライパンにふきんを入れてそれを振る練習をしている姿を目撃した。美味しい料理は、そんな料理人の努力で作られていることを学んだ。
 

広告を非表示にする