読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゆき野球教室

ダメ人間の由佳さんが毎日0時に更新しています

劇場版 タイムスクープハンター -安土城 最後の1日-

戦争が無益でその犠牲になるのは、いつも弱い者たちである。
それは、権力者の失敗であり、いつの時代も厳しく非難されるべきである。
 
この作品は、本能寺の変の数日後にタイムワープした沢島の活躍を描いているが、裏では戦争を痛烈に批判している。
時代劇の映画やテレビは多くあるが、近年ではこの作品に勝るものはないと思う。
まず、時代考証に忠実。セリフも当時話されていたであろう言葉を再現している。安っぽいセットも使わない。結髪もかつらではなく地毛を使う。そしてシナリオもよく練られている。
テレビのシリーズも良かったが、劇場版の本編も良かった。
 
時任三郎演じる織田家家臣は、サムライの魂を忘れない好人物。一方、嶋田久作演じる悪役は、サムライの心よりもカネを愛した人物。この好対照の二人が映画を盛り上げる。
 
時任三郎は、倉本聰脚本の「ライスカレー」以来注目している。いい役者だ。同じドラマで共演した陣内孝則は、同じ日に観た映画で悪いサムライの役を演じている。これについては、明日書くつもりだ。