みゆき野球教室

ダメ人間の由佳さんが毎日0時に更新しています

ジャズ大名

人生って、なんでこんなにも苦しいんだろう?
ダメ元で申し込んだ商取引きが、やはりダメだった。覚悟をしていたが、心が折れる
いつも、否定される。その繰り返しの人生。
 
ジャズ大名」を観た。じつにバカバカしい映画だ。しかし、そのバカバカしさが今の日本映画に欠けている部分であり、またこんな作品だからこそ魂の救済になる。
 
監督は岡本喜八
幕末の駿河の小国に黒人奴隷が三人流れ着く。彼らは、古谷一行演じる大名がジャズを教え、世の動乱をよそに藩をあげてセッションを行う。ただこれだけの話だが、とても楽しい。
見所は、男装の姫が城の長い廊下をそろばんをスケートボードのように使って移動する場面と、同じく廊下を財津一郎演じる家老が膝を落として摺り足で歩く場面の見事さ。
 
こんなバカバカしい映画を大の大人が真面目に作っている。一見の価値あり。
 
 

広告を非表示にする