みゆき野球教室

ダメ人間の由佳さんが毎日0時に更新しています

濡れ髪剣法

昨日と今日は風邪をひいて会社を休んだ。身体よりも心が弱っている。

辛い気持ちを晴らすため、ベッドで映画を観た。
市川雷蔵主演の「濡れ髪剣法」だ。
 
この作品は、温室育ちの若様が、許嫁にバカにされたことに発奮して江戸に出て、身分を隠して修行をする物語。町人のフリをするが殿様言葉が抜けないユーモラスな役を雷蔵が演じている。
世間で揉まれ、たくましくなった若様は、御家を乗っ取ろうとする悪事を懲らしめ、ハッピーエンドとなる。その許嫁には八千草薫が演じている。彼女が実に美しい。
 
若様が屋敷を抜け出す際、自分がこのような役立たずだと領地の民百姓に申し訳が立たないという場面がある。立派な考えだと思う。今の日本は、世襲の政治家が好き勝手にやっているが、彼らにも国民に対してこのような気持ちがあれば、この国はもっと住みやすい国になるだろう。
 
明日は這ってでも会社に行かねばならぬ。辛いが乗り越えたい。
 
 
広告を非表示にする